【海浜幕張での声かけ】展示会の帰り道に恐いことがあった話

前記事の続きで、働き方改革の展示会の帰り道の話。

今回の「働き方改革エキスポ」の会場は海浜幕張にある幕張メッセだったのですが、会場から駅に向かう道に、2、30代のサラリーマンが3人位バラけて立っているのが視界に入りました。

私の周りには、同じように駅に向かう男性が沢山いたのですが、その立っているサラリーマンから何となく見られている気がして、敢えて目線を外していました。

頭の中で、「もし一般的な勧誘なら、他の男性に声かけるはずだから違う」「もしナンパなら(←万が一に、ね!)、バラバラに数ヶ所に立って様子を伺っているのはおかしい」等と考えながら歩いていました。

すると、前の方の柱?の陰から、短髪の少年のようなサラリーマンがすっと出て来たのですが、そこを通り過ぎるとき「すみません、すみません」と聞こえたような気がして振り返ると、明らかに私に話しかけているようでした。
しかし、あまりに怪しいので会釈をして通りすぎました。

と、ここまでが起こったことです。

家に帰り、一息ついてから、「あれって、勧誘でもないなら何だったんだろう」

そう思いグーグルで「海浜幕張 声かけ」等と検索すると、こんな文字を見つけました。

「詐欺」

詐欺?!なに詐欺って、、、こわい、、、

よく読むと、海浜幕張駅付近で、財布を落としたからお金貸してと言ってくる男性(日本人に見えるがよく話を聞くと外国人らしい)がいるが、それは詐欺師だとのこと。
しかも一人だけでなく、何人かがこれを経験したとのこと。

なるほど、これだ!

と、やっと納得がいきました。

しかし、よく見ると何年も前の記事で、今回の声かけがそのような詐欺だったかは結局謎のままとなってしまいましたが、ものすごく怪しかったので特に女性の皆様はどうかお気をつけくださいませ。

>>働き方改革エキスポ参加レポートを見る


カテゴリ別 食事ランキング